DAWインストラクター

– DAW Adviser –

吉岡 裕哉
Hiroya Yoshioka

講師情報

生年月日 1995年3月24日、高知県吾川郡仁淀川町生まれ。高校まで高知県で暮らし、大学時代は佐賀県で暮らす。就職を期に上京。
性別 男性
座右の銘 チートなんか無くたっていい、むしろ無い方がいい

実践を通して学ぶDAW(ミックス)とDTMの重要性

パソコンで音楽を作ってみたい。
クオリティの高い、歌ってみた音源を作りたい。

独学で始めようと思っても、ピンポイントで欲しい知識が見つからず、悩んでいませんか?

  • ソフトやプラグインの導入の仕方。
  • イコライザーやコンプレッサーなどの使い方。
  • アタックやレシオなどの知識。

これらはケースバイケースの為、インターネットの情報では上手くできません。

そのリアルタイムで知りたい情報をお伝えし、生徒さんのイメージを具現化するサポートをいたします。

もちろん、座学だけではありません。

生徒さんが使用するDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション:音楽制作する上で必要なソフトウェア)と同じDAWを使用し、画面を共有しながら実際に音を出し、音の作り方や変化や体感していただき、クオリティの高い音源を目指すと同時に耳を鍛えるレッスンをお伝えいたします。

「制作した音源や自分の歌声が理想の形に近づけているか、違和感は無いか」を明確に判断する為に、耳で音を感じる事がとても重要です。

音感が苦手だなと思った方、ご安心ください。
レッスンの過程で音の変化を感じる為の耳を養っていただきます。

座学や実践のみならず、わからない事やお悩みも仰ってください。
「○○という曲の声の加工の仕方を教えてほしい」などの細かな部分の知識も、ぜひ、お気軽にお申し付けください。

必ずお答えいたします。

楽曲や歌唱は、ひとつひとつ必要な情報量が違います。
テンプレートではなく、個々に合った最適な解を見つけ、生徒さんと理想の作品を作り上げていくことが私の目標です。